事業内容

調査・研究事業

退職金制度に関する事項について、全ての維持会員を対象に実態調査を行い、その結果を基に退職金の適正な水準の確立を図り、当財団の退職資金交付事業の改善と充実に資しています。
調査研究の報告書は、当財団Webサイトに掲載し、一般に公開するとともに、維持会員のみならず、(公財)東京都私学財団などの都道府県の退職金関係団体、日本私立学校振興・共済事業団、日本私立大学連盟、日本私立大学協会等の私学関係団体、文部科学省等関係省庁、公認会計士協会等に配布し、私立学校全体の退職金制度の改善や関連分野における調査研究に寄与しています。
また、この調査研究の分析結果の説明や退職金関連の研修講演会を業務説明会で行い、私立大学等における退職金給付の効率的実施及び普及に努めています。

○ 早期退職した教職員に対する退職金の割増制度(会員数の割合)

早期退職優遇制度


○ 高年齢者雇用確保措置の導入状況(会員数の割合)

定年年齢

継続雇用についてのBILANCの記事へ


広報誌BILANC特集記事
「学校法人で働く多くの高年齢者が将来も意欲的に働ける環境に」


画像をクリックするとPDFがひらきます。

退職金等に関する調査結果の詳細につきましては、
実態調査報告書のページをご覧ください。
(平成16年度以降の調査報告書を掲載しています)

arrow-r.png

実態調査報告書のページへ