Q A

Q&A

Q. なぜ、私立大学退職金財団が設立されたのでしょうか?
A. 学校法人が、国家公務員と同水準の退職金を支給できるよう支援するためです。
また、退職金の必要額に変動があることから、退職資金が交付されることにより学校法人の経営を安定させ、教職員の皆さまが安心できる環境の整備に貢献するためです。
詳しくはコチラをご覧ください。
 

Q. 誰が掛金を支払っているのでしょうか?
A. 掛金は学校法人が全額を負担しています。
掛金と退職資金の累積額を学校法人単位で管理し、公平かつ確実な運営を行っています。
 

Q. 事務担当者専用ページに入りたいのですが?
A. 事務担当者専用ページは、当財団に加入している学校法人(維持会員)が登録したご担当者にご利用いただく、事務の説明のページとなっています。ログイン方法は、事務の手引をご覧ください。
なお、学校法人(維持会員)のご担当者以外の方には、ご利用をご遠慮いただいております。
 

Q. 自分の退職金の金額を知りたいのですが?
A. 当財団では、教職員の方に退職金等個人情報はお答えできません(個人情報の取扱い)。お勤め先の学校法人にお問い合わせください。
また、勤務先の学校法人から実際に支給される退職金の予定額は、学校法人が決定しますので、当財団は事前にわかりません。
 

Q. 私立大学退職金財団があるから、必ず退職金がもらえるのでしょうか
A. 教職員の皆様の退職金の金額は、お勤めの学校法人が決定します。
当財団があることで、学校法人の退職金支給のセーフティネット機能を果たしており、学校法人が教職員に支給した際に、当財団から学校法人に退職資金の交付をいたします。
 

Q. 財団が退職金を支給してくれるのでしょうか?
A. いいえ、退職金は学校法人から各教職員に支給されます。
その退職金支給のための「退職資金」を当財団から学校法人に交付しています。