広報・刊行物

未来を拓く学校人

2017(平成29)年度より、当財団の維持会員(学校法人)に所属する教職員の皆様の活躍をご紹介する企画「未来を拓く学校人」を開始いたしました。
教職員立案の企画など、維持会員の皆様から「未来を拓く学校人」の情報を募集しています。
掲載をご希望の維持会員は、ぜひ当財団までご連絡ください。


○ 2018(平成30)年7月 BILANC vol.16

玉川大学「玉川アドベンチャープログラム」

玉川大学  

玉川学園では2000年からアドベンチャー教育である「TAP(玉川アドベンチャープログラム)」を導入し、幼稚園から大学4年生までの全学年に、このTAPを取り入れています。そこで、TAPを運営するTAPセンターの3人の教職員にお話を聞きました。

未来を拓く学校人「玉川大学」

○ 2018(平成30)年3月 BILANC vol.15

津田塾大学ウェブマガジン「plum garden」

津田塾大学  

1世紀以上も前より女子高等教育の必要性を唱え、歴史と伝統のある女子大として名高い津田塾大学。
学生と教員と職員で制作しているウェブマガジン「plum garden」に注目が集まっています。そこで、webサイトを運営する2人の教職員にお話を聞きました。

未来を拓く学校人「津田塾大学」

PDFでご覧になりたい方はこちら 津田塾大学ウェブマガジン「plum garden」


○ 2017(平成29)年11月 BILANC vol.14

國學院大學「みちのきち」プロジェクト

國學院大學  

國學院大學の図書館は人文社会科学系大学として有数の蔵書数を誇ります。2017年4月、渋谷キャンパスに職員有志が発案した「自発的に本を読みたくなる空間」である「みちのきち」をオープンしました。「みちのきち」プロジェクトに携わった3人の職員にお話を聞きました。

未来を拓く学校人「國學院大學」

PDFでご覧になりたい方はこちら 國學院大學「みちのきち」