維持会員通信のご案内

(京都橘学園)高齢者宅の困りごとを解決する看護学部「お助け隊」

 一覧に戻る

Date: 2018.3.26

法人名 京都橘学園
大学名 京都橘大学

京都橘大学看護学部では学生による「お助け隊」を結成し、高齢者宅から寄せられた「困りごと」の解決に取り組みました。2017(平成29)年度は6月と12月に、京都市営醍醐中山団地で行いました。本学では同団地町内連合会と京都市と連携協定を締結し、団地の一部を無償で借り受け、住民との交流や高齢者支援などの地域貢献活動に取り組んでいます。
お助け隊は看護学部の授業「プライマリケア実習」の一環として行われ、6月には3回生約90人が参加し、重い仏壇を移動させたり、網戸を張り替えたり、買物に付き添ったりと、さまざまなサポートを行いました。12月にも2回生約100人が参加し、大型家具の運び出しや配置換え、高所の清掃を行い、依頼主であるお年寄りからはとても喜ばれました。
また、団地の共用部の清掃や電灯の交換なども手伝い、住民からは「高いところの掃除は怪我をするかと思い、なかなかできないので、とても助かる」というお話をいただきました。
参加した学生の一人は「お年寄りの普段の生活の様子や、何に困っているのかがわかり、看護を学ぶうえでとても勉強になる」と感想を述べ、本学がめざす「人によりそう看護」の実践に向け、貴重な学びの機会となりました。
網戸の張り替え、ごみの搬出などを手伝いました
網戸の張り替え、ごみの搬出などを手伝いました
大型家具の運び出し
大型家具の運び出しの様子
電灯の交換
電灯の交換の様子

 一覧に戻る