維持会員通信のご案内

(群馬パース学園)開設!最先端の医療科学を探究する博士後期課程

 一覧に戻る

Date: 2018.3.26

法人名 群馬パース学園
大学名 群馬パース大学

2009(平成21)年に大学院修士課程を設置した群馬パース大学では、昨年(2017年)、博士後期課程設置の認可を経て、修士課程は博士前期課程、新たに認可された課程は博士後期課程として、広く入学者を募る運びとなりました。現代医療の高度化、複雑化、多様化に幅広く対応するためには、未来の医療を拓く、基礎研究を担う人材や国際的に通用する医療系人材を育成する必要があります。
本学の博士後期課程では、博士前期課程5領域(看護学領域、理学療法学領域、病因・病態検査学領域、放射線学領域、臨床工学領域)の中から基礎研究力の高い病因・病態検査学領域の研究内容や高度解析技術を発展させ、生体分子・病原体遺伝子・細胞機能・生殖補助技術・生体機能などの「医療科学」に焦点をあて、病気の予防や健康増進のための科学的エビデンスを構築しながら、独創性・創造性に優れ、国際的に通用する研究能力を備えた医療人(研究者、教育者等)を養成していきます。
独創的な研究能力が身に付くよう、専門分野の枠にとらわれない他分野の専門的知識・技術を修得できるような特徴的な教育カリキュラムも編成しました。ますます拡大する群馬パース大学の教育の輪。今後も卒業生の活躍に期待したいものです。

「医療科学」に焦点をあてた教育環境を整備
「医療科学」に焦点をあてた教育環境を整備

 一覧に戻る