維持会員通信のご案内

(東京農業大学)農学の拡大と社会の要請に応える学部学科再編

 一覧に戻る

Date: 2017.7.25

法人名 東京農業大学
大学名 東京農業大学

創立から126周年を迎えた現在、農学分野の社会的なニーズと領域の多様化は年々拡大しています。そうした農学分野の拡大・深化に対応すべく、東京農業大学では学部学科の再編を進めています。
今年4月には、新たに生命科学部を新設。遺伝子、化学、微生物の3つの専門分野から、人類が直面する難問にアプローチする学問分野として、バイオサイエンス学科、分子生命化学科、分子微生物学科の3学科を設置しました。また、地域環境科学部に地域創成科学科を、国際食料情報学部に国際食農科学科を開設しました。地域創成科学科では「自然再生分野」と「地域マネジメント分野」の2領域で、フィールドワークを中心とした実践的な学びを展開。国際食農科学科では文理両面からの学びを通じ、日本の「食農文化」を世界に発信していきます。
さらに来年4月には、農学部を現在の3学科体制から農学科、動物科学科(仮称)、生物資源開発学科(仮称)、デザイン農学科(仮称)の4学科とする準備を進めています(※学科の概要等は予定であり、変更 する場合があります)。
これからも農学分野の広がりに対応した学科構成・カリキュラムを整え、教育理念の「実学主義」を実践する教育研究機関として、豊かで持続可能な社会の実現に貢献していきます。

今年1学部5学科を新設した世田谷キャンパスの校舎
今年1学部5学科を新設した世田谷キャンパスの校舎

二人の学祖の胸像写真 二人の学祖の胸像写真
二人の学祖の胸像写真(左:榎本武揚,右:横井時敬)

 一覧に戻る