維持会員通信のご案内

(新静岡学園)セカンド・ステージを自ら「デザイン」するために

 一覧に戻る

Date: 2016.7.29

法人名 新静岡学園
大学名 静岡産業大学

社会人向け「学び直しの場」は、大学での公開講座や資格取得講座、通信教育、カルチャースクールなど、その機会は年々広がっています。静岡産業大学においても社会人向けに様々な「学び直しの場」を提供しており、例えば、社会人入試における「ルネサンス制度」があります。
この制度は、本学に入学される社会人の修学意欲に応える魅力ある教育プログラムを実施し、社会人に配慮した学習環境の整備を通じて社会人の受け入れを促進することを目的に設けられました。主な特徴としては、① 対象を満55歳以上とし、社会人として得てきた職業経験や知識、資格などを「卒業要件の単位」として一部認定していること、② 多彩な「フィールドワーク」や「教養講座」を開講していること、③ 入学者選抜方法は、豊富な経験と知識をもとにした「面接」のみであること、④ 入学金は通常の半額(10万円)に免除され、入学後は「奨励金給付制度」が充実していることがあります。
特に「奨励金給付制度」はユニークであり、学業成績だけでなく、在学中の活動実績によって奨励金の給付額が異なる仕組みになっています。毎年、各自どういった活動を通して学内での「役割」を担うか目標を立て、年度が終わる頃に「実績報告書」を提出し、提出された書類および面接審査の評価結果によって、最大40万円が給付されます。これまでの活動事例としては、若い大学生への就職活動アドバイザーや地域社会と大学を繋ぐコーディネーター、外国人留学生との異文化交流サポーターなどがあります。
こうした活動により、定年退職後、唯一の社会との繋がりであった「会社・組織」との縁が切れ、次にどのように人との繋がりを作ったらよいか分からない、居場所を見つけられないなど、新たな社会との関わりを模索する人たちにとって、単なる「学び直しの場」を超え、自らのセカンド・ステージを「デザイン」する力にも繋がっています。

キッズスクールで児童に絵の描き方を教える講師
キッズスクールで児童に絵の描き方を教える講師
社会人学生と教員の様子
社会人学生と教員の様子

 一覧に戻る