維持会員通信のご案内

(神奈川大学)「三相乳化技術」のブランド戦略

 一覧に戻る

Date: 2015.12.11

法人名 神奈川大学
大学名 神奈川大学   工学部

未来環境テクノロジー株式会社(以下MKT)は、2007年に学校法人神奈川大学が100%出資して設立された大学発のベンチャー企業です。当時、工学部の田嶋和夫教授らによって発明された特許技術「三相乳化技術」の技術移転を目的として産声を上げました。
「三相乳化技術」とは、界面活性剤で行っていた乳化を、物理作用で実現する画期的な技術です。この技術を産業界 に応用し、社会貢献しようというのが神奈川大学の狙いでもあります。MKTが取り扱う商品は、特許技術「三相乳化技術」そのものです。MKTにとって基本特許の技術移転料と、企業から受け取るライセンス料が収益の柱となっています。
ベンチャー設立当初、企業との共同研究によってエマルション燃料の技術を完成させましたが、規制の問題や機械分野での課題もあり、実用化までには至りませんでした。しかしその後、複数のパートナーシップ企業との共同開発により、工業用薬品、化粧品、飲食品など数々の商品実用化に成功。さらに現在、MKTは、技術移転指導のみならず、製品化までに生じる問題点の 解決や、上市後の理論面でのサポートまで継続して行っています。
実用化例が増えてくるとともに、MKTへの問い合わせや相談・面談の機会も増えており、今後は「三相乳化技術」のブランド戦略にも力を入れていく方針です。
まずその手始めとして、「三相乳化技術」を用いて作られたことを示す認証ロゴマーク(SCEマーク)の導入を決めました。第一弾は、神奈川大学オリジナルブランドの化粧品として学内で販売している「ナチュラチュール」のハンドクリームに使用する予定です。
今後は分野を問わずライセンス先を通じて出荷する商品への使用を認めていき、認証ロゴマークの浸透を図ることで、ブランド力の向上につなげたいと考えています。
本学オリジナルブランドの化粧品「ナチュラチュール」
本学オリジナルブランドの化粧品「ナチュラチュール」
SCEマーク
三相乳化技術が用いられていることを認証するSCEマーク

 一覧に戻る