維持会員通信のご案内

(関西学院)実践力のある世界市民を育成

 一覧に戻る

Date: 2014.3.28

法人名 関西学院
大学名 関西学院大学聖和短期大学

2012年度文部科学省国際化拠点整備事業費補助金(グローバル人材育成推進事業 全学推進型)に関西学院大学の「実践型"世界市民"育成プログラム」が採択されました。グローバル人材育成推進事業とは、「国際的な産業競争力の向上や国と国の絆の強化の基盤」として、国際社会を舞台に積極的に挑戦し活躍できる人材を育成しようというものです。

「実践型"世界市民"育成プログラム」は、2004年度から本学が国連ボランティア計画(UNV)とアジアで初めて協定を結んで実施してきた国連ユースボランティアの実績に基づいて作られたプログラムです。
このプログラムは、世界を舞台に活躍する世界市民になるために必要な知識・技能と実践力を身につける「グローバルリーダー」、「グローバルエキスパート」、「グローバルシティズン」の3つのコースで構成されています。この3つのコース名はそれぞれの持ち場で役割に応じて活躍する人材像でもあります。ただ留学生を受け入れたり、国際ボランティア学生を海外に送り出すことにとどまるのではなく、それぞれが必要な役割を担い、連携して協力し合いプロジェクトを成功に導いていくことができる、国際社会に貢献できるたくましい人材を育てるという点にこのプログラムの特色があります。さらに、国際貢献や留学、国際交流などを経験した後も、継続的に力を伸ばしていくことができるプログラムも用意しています。また、これら学生一人ひとりの活動は新規導入したポートフォリオシステムに記録され、卒業後の夢を見据えたライフプランの計画と実行が可能となります。

まもなく創立125周年を迎える関西学院。創立者W.R.ランバスの社会貢献の志を継ぎ、スクールモットーである"Mastery for Service" (奉仕のための練達)を体現する世界市民を育成することをミッションとし、これからも弛まぬ努力とチャレンジを重ねていきます。


ナミビアの国連関係機関への派遣

カンボジアでの教育状況調査活動

 一覧に戻る